東名阪国内3都市のランドマークを舞台にした全3戦にて開催。
史上初の「階段王」が決定します!

都市のシンボルであるタワーや超高層ビルの階段を駆け上がる都市型ランニング種目「バーティカルランニング(階段垂直マラソン)」の国内サーキットが開幕!! 
サーキット名は「2022 YOKOMORI VERTICALRUNNING JAPAN CIRCUIT(2022 YOKOMORI VJC)」 
舞台は名古屋・東京・大阪のランドマーク。 全3戦の獲得ポイントで年間ランキングが決定します。 2022 YOKOMORI VJCは選抜された30名のエリート選手のみが参戦できる特別なサーキットとなります。
※名古屋会場と大阪会場では一般部門も開設し、同日開催します

2022 YOKOMORI VJCに関しての基本情報

  • 全3戦の合計ポイントで年間ランキングを決定
  • 参加資格は中学生以上のJSA(日本スカイランニング協会)登録選手
  • 各レースの男子・女子(1位〜3位)に賞金を授与
  • 年間サーキットチャンピオンの男子・女子には賞金を授与
  • 2022 YOKOMORI VJC参加選手は指定されたユニフォームを着用してレースに出場
1
50,000

2
30,000

3
10,000

年間サーキット
チャンピオン
150,000

ELITE ATHLETE

TOP MEN

渡辺 良治
Ryoji Watanabe

Vertical World Circuit 世界ランク 3位
2018ミッドランドスカイラン 優勝
2020東京タワー階段競走 優勝

小山 孝明
Takaaki Koyama

Vertical World Circuit世界ランク 8位
2019・2021東京タワー階段競走 優勝
菩提梯クライムラン 優勝

上杉 博一
Hirokazu Uesugi

Vertical World Circuit世界ランク 12位
2019東京タワー階段競走 2位

TOP WOMEN

立石 ゆう子
Yuko Tateishi

Vertical World Circuit 世界ランク 3位
Skyrunning Ultra日本選手権 2018年優勝 2019年2位
Skyrunning VK 2018年日本シリーズ戦 優勝

陣在 ほのか
Honoka Jinzai

2021中部電力ミライタワースカイラン 優勝

沢田 愛里
Airi Sawada

2021中部電力ミライタワースカイラン 2位
札幌テレビ塔バーティカルラン 優勝
天塩岳登山競走 優勝

全ATHLETEはこちら

RANKKING

※東京大会終了時点

エリート選手選考基準

年間ポイントシステム

エリート選手リスト 男子

エリート選手リスト 女子

全日本参加権利付与規定

参加権利獲得選手について